【亡き仲間への想い】YouTuber界の親方の行動とは!?

2019年01月14日 haruka

2019年1月1日に急逝した4人グループYouTuber、アバンティーズのエイジ(22歳)へ向けて多くのYouTuberがTwitterや動画投稿で想いを綴った。

その中でも、アバンティーズとの動画の共演も多々しており、20代30代のYouTuberの親方としても親しまれているワタナベマホトも彼への想いを表している。

『皆さんに見てほしい動画があります。』

自身のチャンネルではエイジがアバンティーズとしてではなくziiinatvとして投稿している動画を紹介し、高く評価している。

他の動画でも、EDの直前などに「はー……ツラい……」等の発言で死を悔やむ気持ちがわかる。

そして更に1月13日のTwitterの投稿では「明日から頑張るぞー!(ネタ無い)」という言葉と共にエイジの顔と思わしきタトゥーの画像があげられた。

アバンティーズのエイジという存在を尊重し、忘れないためにも行った、YouTuber界の若き親方ワタナベマホトらしい行動ではないだろうか。

他のYouTuberがアバンティーズ、エイジへの気持ちを表した動画。

『アバンティーズ、エイジへ。』北の打ち師

ワタナベマホト

ドッキリや、やってみたなどの検証動画を主に配信。YouTuberとは別にカイワレハンマーというヒップホップユニットとしても活動をしている。